未分類

忙しくても意外と簡単にできるプチ断食の正しいやり方

更新日:

女性にとってダイエットは永遠のテーマ。今はいろんなダイエットがあり、どんなダイエットがいいのか悩んでいる方も多いですよね。

そこで、ダイエットをしたい方も、太っているわけではないけど、もう少し体を引き締めたいという方にもおすすめなのがプチ断食です。お腹が減ってもいないのに3食必ず食べる、おやつもプラス、なんていう食べ過ぎの「現代人」にもおすすめです。

運動や新しいことをプラスすることは難しいです。しかし、マイナスすることはどうでしょう。

そこで、忙しくても意外と簡単にできるプチ断食のやり方を紹介します。断食とは、お寺にこもって厳しい修行のイメージがあるかもしれませんが、プチ断食は1日だけ食事を絶つという期間の短い断食です。週末などに比較的効果の出るダイエット方法です。

プチ断食に得られる効果に、腸内環境の改善があります。腸内環境を改善することによって便秘を解消され、老廃物を排出しやすくなります。

断食によって空腹を感じると自律神経も活発になり、代謝もよくなります。それによって痩せやすい体を作っていくのです。ダイエット効果の他、美肌効果などもありますので、嬉しいですね。

プチ断食の一般的なオーソドックスなやり方は、3日で行う方法です。では、プチ断食の正しいやり方をお話しします。

土日を含めた3日間で実践しよう

平日忙しい方でも手軽にプチ断食ができるように週末に行うというものです。

金曜日は準備期間

準備期間は、消化に悪いものを避け、お腹に優しいものを摂って断食に備えます。アルコール、カフェイン、タバコ、揚げ物、甘いものは避けましょう。

土曜日は本格的な断食

断食の当日に気を付けることは、水分です。とにかく水分をしっかり摂るようにしましょう。脱水症状を予防することと空腹を和らげることができます。

断食と言ってもにんにく、りんご、など酵素が多く含まれる食品を食べたり、酵素サプリや酵素ドリンクを適量飲んで酵素の量を減らさないように気をつけます。

[alert title="食事量"]にんにく・りんごなど食品を口にする場合は1食100グラム程度に抑えるようにしましょう。[/alert]

日曜日~月曜日は回復期間

断食は、回復期が何より大事。断食当日よりも回復期をどう過ごすかということで効果が変わってきます。回復食とは、断食が終わった後の食事のことです。断食の実践期間よりも重要と言われています。

週末断食の効果が出るかどうかは、回復食かかっているといっても過言ではありません。先ほどもお話ししましたが、回復食に適しているのは消化の良いものです。

  • おかゆ
  • 野菜(生、茹で)
  • 豆腐、納豆などの大豆製品
  • うどん

など胃に負担のかけないものを摂りましょう。

本来は断食した日の2倍の副食期間が必要といわれていますので、月曜日までは軽めの食事を心がけて下さい。

回復食の量をコントロールしよう

朝ご飯は、いつもの半分の量を食べましょう。ゆっくり良く噛んで、時間をかけて食べて下さい。

固形物をいきなり胃に入れると胃がびっくりしてしまいますので、おかゆ、ホットヨーグルトなど消化の良いものがいいですね。

お昼も、いつもの半分にします。

夕食は普通通りの食事に戻しても大丈夫です。

ただ、胃が小さくなっているので、あまり負担のかからない食事にしましょう。できれば、脂っこいものやアルコールは避けましょう。

食材の味付けに気をつけよう

プチ断食で機能を回復するのは、内臓器官だけではありません。味覚を感じる機能もプチ断食によってその機能が休まり、機能が回復するといわれています。

ですから、プチ断食が終わった後は、今までと同じ味付けのものを食べても、これまでよりも味付けが濃く感じる方も多いようです。

消化器官と同じように、味覚器官もいきなり味の濃いものを食べてびっくりさせないためにも、薄味のものから食べていきましょう。

プチ断食ダイエットを成功させるポイント

土日は酵素たっぷりの食材を摂ろう

酵素は生命を維持する上で重要な役割を担っており、酵素が減ると病に侵されるリスクが高くなると同時に、老化にもつながります。

さらに加齢やストレス、インスタントやレトルトなどの酵素の少ない食べ物、アルコールやたばこなどの不純物を解毒するために、体内に存在する酵素は知らず知らずのうちに使われてしまい、病気と戦うために必要な酵素を確保できなくなってしまいます。

私たちの食生活は乱れていて、ほとんど例外なく量も食べ過ぎの状態です。消化酵素ばかり作られて代謝酵素ばかりが不足して慢性化しているのです。消化によってエネルギーはどんどん蓄えられているにもかかわらず、うまく代謝できない状態です。

これは酵素の不足が原因です。

酵素の不足を解消するためには、酵素たっぷりの食材を摂ることが必要です。生野菜や発酵食品を食べるのが理想です。

どうしても食べられない方は、酵素ドリンクなどを使うのもおすすめです。

水をよく飲む

プチ断食中に注意しなければならいのが水分補給です。脱水症状を起こさないようにしましょう。

人間の体は70%が水分でできているのを知っていますか?

普段から水分補給をすることは重要ですが、特にプチ断食中はこの水分補給を意識してとることが大切です。いつもより多めの水分をとって下さい。

目安はいつもの1.5倍ほどの量の水を飲むのが丁度いいです。水分は代謝に必要なためでもありますし、毒素を排出するので、多めの水を飲みましょう。

プチ断食の正しい頻度は?

断食するのは土曜日1日だけです。回復期間が仕事になってしまうので、仕事に差し支えがない程度に栄養を摂りながら徐々に食事量を増やしていくようにします。

週末断食のおすすめは月に1回から2回です。これなら無理なく続けられます。その日数を確保できるところで計画を立てて進めていきましょう。

プチ断食がおわった後の注意点

 

リバウンドするかどうかは断食後に決まる

プチ断食をすると必ずリバウンドをする。そのようなことを耳にしたことがあると思います。

ところが、実はプチ断食ダイエットはリバウンドしにくいダイエット法だといえます。

もともと、プチ断食の目的は、体質改善によるダイエット法です。

体の機能をリセットして、痩せやすい、太りにくい体をつくり、リバウンドしないようにダイエットを成功させるというのがプチ断食なのです。断食の前後に体を慣らす期間を設けることで、体が飢餓状態になるのを防ぐことができます。

体質が少しずつ改善していきますので、プチ断食が終わっても急に脂肪が蓄えられるということはありません。したがって、プチ断食でリバウンドということはないのです。

とくに、断食を行った後の副食が重要になってきますので、この回復食に気を付けましょう。

この回復食を失敗しないことがリバウンドを防ぐ重要なカギとなります。

頑張ってプチ断食をして、ダイエットしたのにリバウンドして、体重が元に戻ってしまったら悲しすぎますよね。

プチ断食中に落ちた筋肉を取り戻す

断食というと「筋肉が落ちる!?」という話題も出てくるようです。プチ断食=デトックスというイメージがあったので、これは意外ですね。

プチ断食中はお肉や魚などのタンパク質を摂取しません。しかし、タンパク質は体に必要なものです。そこでタンパク質でできている筋肉を分解することで必要なタンパク質を作り出します。

1回のプチ断食で筋肉の量が減ることを心配する必要はないですが、定期的に断食をくり返す場合はだんだんと筋肉が減ってしまいます。筋肉が減ると代謝が下がりリバウンドしやすくなるので、軽い運動・筋トレをして筋肉量を減らさないように日頃から意識しましょう。

まとめ

ちょっとやってみようかな。と思ったらすぐにできそうなプチ断食。食べ過ぎたときやスッキリしないときなどにやるだけでも気分転換にもなります。

月に1度~2度、週末などにご自分のペースに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエットには様々な方法がありますが、忙しくても簡単にできるプチ断食を取り入れてみてはいかがでしょうか。ぜひ、正しいやり方でプチ断食を行って、効率の良いダイエットと健康な体を目指しましょう。

-未分類

Copyright© セブンデイズカラースムージーのいろは - 効果と口コミ徹底検証2018 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.